勃起不全(ED)治療の現状

ED治療の現状や最新治療等についてお伝えしていきます。

男性ホルモンの減少で起こるED

勃起不全(ED)治療の現状

わが国における中高年ED調査について、全国447医療機関の6112人中81%がED、その内、23%が治療希望、9%が治療者というのが現状の背景となります。EDの原因の一つとして男性ホルモンの減少、酸化ストレスの増加が考えられますが、それらは、極めて密接な関係にあり、EDの兆候が見られる際の勃起症状は、こうした複雑なメカニズムによってかろうじて維持されています。

EDなら生活習慣を疑え!

勃起不全(ED)治療の現状

わが国における中高年ED調査について、全国447医療機関の6112人中81%がED、その内、23%が治療希望、9%が治療者というのが現状の背景となります。EDは、その血管内皮細胞が酸化ストレスによって傷つき、MOを放出できなくなったために起こります。すなわち、EDは身体中に酸化ストレスが増大していることを示す「最初のシグナル」でもあるのだ。

コンコルド症候群!?

勃起不全(ED)治療の現状

わが国における中高年ED調査について、全国447医療機関の6112人中81%がED、その内、23%が治療希望、9%が治療者というのが現状の背景となります。またEDの一種に「コンコルド症候群」という症状があります。勃起時に超音速旅客機「コンコルド」の機首のように、ペニスの先端が下方に湾曲していて、先端がエレクトしないことをいいます。これは、海綿体の一部に血行障害を起こしていることが原因と考えられています。

生身の女性とできない「バーチャルED」

勃起不全(ED)治療の現状

アニメやDVDで嗜好を満たすのは何も悪いことではありません。大切なのは、それと現実をごちゃ交ぜにしないことです。生身の女性が相手なら、予想外の反応が返ってくるのはごく自然なこと。まずは目の前の女性の言動を受け入れ、「現実のセックスで自分が気持ちいいと思うこと」を探っていくようにしましょう。

EDとは「まったく勃起しない」こと?

勃起不全(ED)治療の現状

最新の研究によって、EDの原因は「血管内皮障害」であることがわかってきました。しかし、日本における一般的なEDの認識は単に「勃起不全」にとどまり、まだまだ、EDの本質的な治療法について知らない人が多いようです。EDは血管の状態を改善することによって、必ずよくなる病気なのです。

EDは病気?

勃起不全(ED)治療の現状

EDが夫婦の間にミゾをつくり、やがて離婚にまで発展する問題となってしまう。。EDの場合、正常値とは何か?性的機能正常とは何なのか?が判然としないため、診断がとても難しいのです。まさに現代病の一つと言えるでしょう。

ページの先頭へ