勃起と緊張の関係

緊張型EDとヤングEDの勃起力

オナニーをする時には上手く勃起するにもかかわらず、セックスの時にはうまく勃起しなくなると言うのが20代の若者に増えてきています。これは緊張を原因として起こる現象です。

このタイプの勃起不全を「緊張型ED」や「ヤングED」と呼びます。多くは心因性のものです。初体験がうまくいかなかったときのトラウマや、経験数が少ない事による自信の欠如によって「失敗したくない」という感情が湧き起こって緊張してしまうのです。

多くの人はED治療薬を用いて勃起させ、女性といいセックスを体験し、成功のきっかけをつかむことで立ち直れるといいます。

緊張型EDを克服する方法

セックスレス

緊張型EDを克服する方法を紹介します。まず、緊張型EDの例を上げると、初めてセックスした時の失敗がトラウマとなってしまう場合や、童貞の男性が初めての体験を前にして不安になっている、経験人数が少ないので自信がない、などの心理現象のために、女性とのプレイによる快感よりも緊張が上回ってリラックス出来ないのです。

こうして緊張のために勃起しないことを緊張型EDというのです。近年では性行為の経験がない男性が20代、30代で3割以上もいるそうですから、女性に対する苦手意識から緊張型EDになっている男性も多いと思われます。

この苦手意識を改善するためにはED治療薬の助けを借りるといいでしょう。ED治療薬にはバイアグラを筆頭にレビトラ、シアリスの3種類があり、どれも厚生労働省の認可を受けている、世界的に使われている薬です。正常の勃起を促す薬です。

色々な強迫観念に駆られてセックスの前に不安が起こってしまっても、その気持ちとは裏腹にペニスの勃起力はは全勃起することでしょう。勃起後長い間萎えることがありません。

このようにED治療薬の力を借りて上手にセックスをこなし、何度も性交経験を積み重ねるうちに、勃起力の妨げとなっていた強迫観念は払拭され、自然と緊張型EDは治癒して行きます。

セックスに不安がある人、勃起力に自信がない人、女性に対して苦手意識があるなどの心理が勃起力の妨げとなっている人はED治療薬に頼るのが最もいい改善策と言えます。

ED治療薬処方の注意

ペニー教授

ED治療薬が欲しいならば、必ず病院やクリニックなどの医療機関に相談した上で、医師から正式に処方してもらうようにしましょう。インターネットの個人輸入代行業者でED治療薬を取り扱っている業者はたくさんあり、これらの業者から仕入れている人も確かにいますが、これらの業者のうち6割は偽造品を販売している悪徳業者である事が分かっています。

実際に偽造品をつかまされ、それを服用して重篤な健康被害を受けた人もいますし、海外では死亡事故もよく起きています。ED治療薬はあくまで医薬品です。安易にインターネットで購入して服用するのは危険です。



このエントリーをはてなブックマークに追加