勃起力を高める方法

勃起力を高める意識

今や日本人男性の5人に1人が勃起不全あるいは勃起機能障害、つまりEDに悩まされていると言われます。ご存知の通り、男性器が勃起しない、または勃起しても柔らかかったりすぐに萎えてしまったりします。

EDは現代医学の力を以て治療すれば治る症状とされており、ED治療薬もクリニックなどで処方されています。しかし、自分で筋力を鍛えることで勃起力をアップさせることが出来ます。

筋力を鍛えることで勃起力はアップする

よく精力剤のパッケージを見ると、筋肉ムキムキの男性の写真がデザインになっていることがありますが、こういった体に近づく運動、つまり筋力トレーニングをすることで男性ホルモンが生産されて精力が強くなるのです。

パッケージの写真のように筋肉を鍛える必要はありませんが、自宅でも簡単に勃起力を高めることが出来る運動がありますので、それらを紹介していきましょう。簡単にできる運動ですが、効果があります。

スクワットで勃起力を高める方法

スクワットは簡単に勃起力を高めることが出来る運動です。

どうしてスクワットが勃起力を高めることに繋がるかと言うと、スクワットで鍛える筋肉は、陰茎海綿体に流入した血液を維持するのに必要な筋肉だからです。

意外に知られていない事ですが、男性器と言うのは体の外へ向かって突出した部分だけを差すのではなく、陰茎は体内に入り込んで骨盤の部分の筋肉まで達しているのです。

この筋肉は太ももの内転筋と繋がっています。スクワットで鍛える筋肉は、陰茎を支えて締め付ける働きをしているのです。ここの筋肉を鍛えることで、海綿体から血液が流れ出さないため、勃起力が高まります。

スクワットのやり方は簡単です。

1 足を肩幅に開き、頭の後ろで手を組みます。

2 そのまま腰を落として行き、膝の角度が90度位になるまで落としてからゆっくりとと元に戻します。

たったこれだけの運動ですが、こうすると太股の筋肉に負荷がかかっているのが分かることでしょう。スクワットにより勃起力は高まるのです。

このスクワットが辛いと思う人は、頭の後ろで手を組まずに手を自由にしてスクワットをすると、いくらか楽に行えます。徐々に普通のスクワットのスタイルに移行していきましょう。

自転車こぎで勃起力を高める方法

自転車こぎも効果的な運動です。

ペニー教授そもそも勃起力が低くなる原因は何かと言うと、
陰茎をめぐる血流が滞る事です。

喫煙やストレスによって起こる滞りもあります。特に糖尿病を患った人は
血流が悪くなるため、勃起力が低くなるとされています。

自転車こぎは、血流の改善に効果的な運動です。太股が激しく上下する事で筋肉がほぐれ、血行が良くなります。

あくまで勃起力を高めるために行っていますので、自転車こぎは1日に数回、15~30分くらいのトレーニング形式で行うといいでしょう。

通勤している会社が10キロ圏内にあるならば、毎週数回自転車で通勤するだけで、勃起力を高める運動が出来ます。