日本人の勃起力持続時間

あなたの勃持は平均値より早漏か?遅漏か?

セックスで自分は射精をして満足したのに、相手に満足を与えられなかった時、自分は早漏ではないか?普通の人に比べて勃起持続時間が短いのではないか?

勃起持続時間あなたは早漏?男性なら少なからず一度や二度はこのようなことを考えた事があるでしょう。

その答えを知るために、日本人の平均的な勃起持続時間を知りましょう。

公的機関の発表ではありませんが、ある機関がこのことに関して調査を行っています。

サンプル数が分からないためデーターの正確性も分からないので、参考程度の平均値と受け止めて頂ければある程度参考にはなるかと思います。


日本人の勃起持続平均時間の比較

このデータによると、

挿入してから射精するまでには

7-9分かかるという人が一番多いようです。

2位は1-3分、3位は5-7分、4位は1分以下であり、

これらが数値のほぼ全体をしめています。

前戯から考えるならば、持続時間はもう少し長いことと思いますが、挿入してから射精まではこれくらいの時間となっています。

平均時間がこれくらいと聞くと、意外の念に駆られるかも知れません。AV等では20分や30分は当たり前で、1時間以上も頑張っている場合さえあるからです。

jikanしかしこれは男優がプロだから長時間になっているだけです。一般人ではそれほどの時間、勃起を維持できる人はそうそういないことでしょう。

現在は情報社会の時代であり、真偽のほどが分からない情報も巷には溢れています。

AVや性的な雑誌の影響によって、持続時間が30分や1時間というような男性がたくさんいて、10分も持たない自分は早漏なのではないかと心配になる人もいるでしょうが、なんら心配はいりません。

30分や1時間以上も持つような人はAV男優等のプロを含めたひんの一握りの人たちだけです。

そして早漏というのは挿入した瞬間に射精してしまったり、挿入してから数回ピストンしただけで射精してしまう事を言うのです。具体的にいえば1分間以内に射精してしまうならば早漏の可能性がかなり高いと言えるでしょう。

多くの日本人男性には早漏の傾向がある

上述のデータに基づいて考えると、3分以内に射精している男性は結構な数に上るため、多くの日本人男性には早漏の傾向があると言う事が分かります。もしあなたが7~9分くらいの挿入時間ならば、それは決して短い時間ではないのです。

ペニー教授自分の持続時間が短いと思いこんでコンプレックスを抱いてしまえば、それが勃起不全の原因となったり、様々な弊害が起きてきます。挿入時間が7~9分でも、自分の挿入時間はあくまで平均的なものであって、決して短い物ではないのだと認識して、短い事に不満ならば前戯にたっぷりと時間をかけるなどして楽しむといいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加