射精力や精子を増やす

射精力を高めたり、持続時間を長くする方法、精子を増やす食べ物、射精を我慢する方法などについてまとめていきます。

勃起力と射精力を高める

射精力や精子を増やす

勃起力や射精力に心配を抱いている人は多いかもしれません。自律神経は副交感神経と交感神経とに分けられ、副交感神経は勃起力を司り、交感神経は射精力を司ります。どちらもバランスよく機能する事で、高い勃起力と射精力を得ることが出来ます。どちらかの神経が過敏になっている状態、つまり自律神経のバランスが乱れている時には、自律訓練法やサプリメントでバランスをとる事が出来ます。

射精まで何分?

射精力や精子を増やす

日本人男性がセックスの際にペニスを膣に挿入してから射精に至るまで、平均的な時間は7分程度とされています。早漏の人は1分以内であり、AV男優のように30分や1時間以上も挿入を続けていられるのはごく一握りの男性のみです。ここでは、日本人男性の平均的な射精までの時間を認識し、7分という時間で女性もオーガズムに達する事が出来るコツをお教えします。

射精の飛距離

射精力や精子を増やす

アダルトビデオやアダルト漫画を見ていると、多くの射精が勢いよく精液を飛ばしていることに気が付きます。この描写は真実なのでしょうか?これを知るために、過去にアルフレッド・キンゼイが行った調査が参考になります。ここではその調査結果を踏まえて、射精によって排出された精液はどれくらいの飛距離を持っているのが正常なのかという事を考察していきます。

射精までの時間を長くする

射精力や精子を増やす

射精までの時間が短い人には、「もっと長い時間挿入して楽しみたい」と考えている人は多いことでしょう。そのような時には、あらゆるコツを使う事で、射精までの時間を長くすることが出来ます。これらのコツを上手く利用して、男性も女性も満足ができるセックスをしてみてください。きっと愛が深まることでしょう。

射精の回数と健康

射精力や精子を増やす

射精は長い間しなけれ、精力の低下を招いてしまうと言われます。反面、過剰に射精をしすぎると、体力を使いすぎて肉体的にも精神的にもあまりいい影響が出ないといいます。そのため、年代ごとに射精回数の目安を知っておく必要があります。ここでは射精をあまりにしなかった時と適切に行った時の健康への影響を解説し、適切な射精回数をお教えします。

精子と睡眠

射精力や精子を増やす

近年の研究により、睡眠と精子が密接な関係を持っていることが分かってきました。睡眠に問題を抱える男性は、男性ホルモンであるテストテスロンの量が減少し、それが精子の生産量の減少を招いているのです。ここでは睡眠がいかに精子と深い関係にあるかを知り、併せてそれを示唆した研究についても見てみることにしましょう。

精子の量を増やす

射精力や精子を増やす

精子の量を増やすと射精量も増えたり、精子の運動量が増えることから妊娠の可能性を高めることが出来たりと、様々なメリットがあります。それでは精子の量を増やすためにはどうしたらいいのでしょうか。もっとも手軽でポピュラーな方法は、亜鉛を摂取することでしょう。亜鉛が充実していると精子の量は増加する事が知られています。

射精を我慢する方法

射精力や精子を増やす

日本人男性がセックスの際に、ペニスを女性の膣に挿入し、ピストン運動をし、射精に至るまでの平均時間は約7分であるとされます。早漏の男性は1分以内に射精に至るようです。この事実に直面したとき、男性に中には7分以上快感が続けばいいのに、と思っている人も多いことでしょう。また、7分以上パートナーにも快感を味わわせたいと思う男性もいることでしょう。射精を我慢し持続させるにはコツがあります。ここではそれらのコツについて書いて行きます。

射精後の回復力をアップさせるには?

射精力や精子を増やす

女性は何度でもオーガズムを味わえるのに対し、男性は一度オーガズムを味わうと、再び勃起し射精する準備ができるまでに回復のための時間が必要となります。この回復時間は人によって様々ですが、回復力を高めたい考える男性は多い事でしょう。そして、回復力を高めるためには精力の増強が大切となります。 ここでは回復力を高める方法を書くこととします。

射精のしすぎと不健康

射精力や精子を増やす

オナニーで射精をしすぎると、身体に非常に疲れを覚えます。セックスでの射精であればなおさらです。人間の体には気がめぐっており、吸収と発散を繰り返しています。射精で消費する気は非常に多大なものであると、東洋医学では言われています。このため、射精をしすぎると身体に気が欠乏してしまい、肉体や精神双方の健康状態に異常をきたします。

射精力や精子を増やす

ページの先頭へ