精子を増やす方法

健康男の生命力ある強い精子を手に入れる

男性のライフスタイルは精子の数に大きな影響を与えています。たとえばストレス、肥満、栄養不足などに陥ると精子の数は減少していきます。

なかなか子宝に恵まれず、子供が欲しいと思っているならば、食生活に気を配るのは大切なことです。

難しい事ではありません。なぜならば、マムシやサソリやマカなどの特別なものを食べるのではなく、身近に存在するものを食べて精子の数を増やす事は十分に可能だからです.

それでは、精子を増やす食べ物を挙げて行きましょう。

1 ニンニク

ニンニクには「セレン」という精子の運動能力を高めるミネラル成分、そして「アリシン」という精子を保護し根移植機の循環を助けてくれる成分がたっぷりと含まれています。

毎日1~2かけらを食事に取り入れることで精子の量のアップを図ることができます。

2 高麗人参

高麗人参には、筋肉をリラックスさせて男性ホルモである「テストステロン」の分泌血うを促し、性欲を高める高価があると言われています。

それだけでなく、ED治療にも効果があり、筋肉をリラックスさせ、男性ホルモン「テストステロン」のレベルを高め、生殖器の血流を良くし、性欲を高める効能があると言われています。

また、ED(勃起不全)にも効果があることが証明されています。1日2~6gほど、高麗人参の乾燥根を食べるようにしましょう。

3 クルミ

クルミには「オメガ3脂肪酸」をはじめとした抗酸化物質をたくさん含んでいます。そして生殖器の血流を良くすることによって、精子の運動能力や生命力を高めてくれます。それだけではなく、脳を活性化させたり、コレステロール値を下げたりと、様々な効果があります。

クルミはおつまみとして色々なところに売ってあるため、簡単に入手する事が出来ます。そしてお酒のおつまみにもよく合うので、毎日の晩酌のお供に1日8粒くらいを食べるといいでしょう。

4 ダークチョコレート

チョコレートには抗酸化物質がたくさんふくまれています。抗酸化物質は体内の有害な活性酸素の働きに抵抗し、心臓の健康を保っています。活性酸素によるダメージは男性不妊の大きな原因として挙げられます。

子宝に恵まれたいと思うならば、活性酸素に抵抗するための抗酸化物質を摂取する必要があり、これにはダークチョコレートがおすすめです。毎日のおやつや洋酒のお供にどうぞ。

5 牡蠣

牡蠣は古代から性欲促進剤として使われていました。牡蠣には亜鉛が豊富に含まれており、亜鉛は健康な精子と男性ホルモンであるテストステロンの生成に必要な栄養素です。

亜鉛は体内に蓄積されるため毎日食べる必要はなく、1週間に8個が目安されています。

時期的なこともあり夏場は流通しませんし、あまり頻繁には食べられないかもしれませんが、定食屋でカキフライを食べるなどして積極的に食べるといいでしょう。