包茎の基礎知識

包茎のマイナス要因や包茎を治す事について、また手術の必要性などについておまとめしていきます。

包茎の手術は早いほうがいい

包茎の基礎知識

多くの男性が悩む包茎ですが、包茎の治療方法の代表的なものは、包茎手術による治療法です。手術は、亀頭を覆っている包皮を切除する事によって行われます。包茎手術ははやい時期に受けるべきです。思春期に包茎によってコンプレックスを抱き、心の発育に障害が生じる場合もあるため、親が気にかけてあげましょう。このほかカントン包茎は皮がペニス胴体を締め付けることで血行不良からの壊死を起こす可能性があるので、早急な手術が必要です。

包茎は嫌われる?

包茎の基礎知識

女性は包茎を嫌うものだ、という事が世間一般の認識です。雑誌などでもよくその事について言及されており、アダルト雑誌によく掲載されている包茎手術の雑誌などでは、特に包茎のデメリットを挙げています。たしかにそれらのデメリットは真実である部分も多いのですが、それらのデメリットを解消するためには本当に手術が必要なのでしょうか?そもそも女性は本当に包茎を嫌っているのでしょうか?

包茎のマイナス要因

包茎の基礎知識

包茎に悩んでいる男性は多いですが、実際には何に悩んでいるのでしょうか。何に悩んでいるのかよくわからず、包茎である事自体を悩みとしている男性もいるのではないのでしょうか。ここでは、はたして包茎の何が悩みを引き起こすのかということを知るために、包茎のマイナス面を考えてみましょう。包茎のマイナス面を知ることで、今後の包茎との付き合い方も変わるかもしれません。

包茎と勃起力

包茎の基礎知識

包茎には様々なマイナス面があります。包茎のマイナス面が直接的に勃起力に影響する事はないのですが、これらのマイナス面に起因する包茎に抱くコンプレックスなどの精神的要因によって勃起不全を起こし、勃起力に多大な影響を与えることがあります。しかし、身体的特徴のみで見れば、包茎が勃起力低下につながる事はありません。包茎であることによって勃起力の低下を起こしている人は、その事を正しく認識する必要があります。

包茎と早漏の関係

包茎の基礎知識

包茎と早漏は一見別個のものに見えますが、実は密接な関係にあります。「包茎の人は早漏になりやすい」と言われているのです。包茎の人は普段亀頭が刺激されづらいため、いざセックスの時になると亀頭が刺激に敏感になりすぎて早漏になってしまうのです。また、「自分は包茎だから早漏なのだ」と思いこむことによってさらに早漏になっている場合もあります。

包茎と持続力

包茎の基礎知識

包茎の男性は、どうしてもセックスの際、持続力がなく早漏になりがちです。これは、常に亀頭が包皮に包まれている状態であるため、刺激にほとんど耐性がないために、セックスの際に持続力を保てずに早漏になってしまうのです。ここでは、包茎と持続力・早漏について詳しく見て行くことにしましょう。包茎の人が歩むべき道が見えてくるかもしれません。

日本人の包茎の割合

包茎の基礎知識

日本人の仮性包茎の割合は6割以上にもなります。真性包茎、カントン包茎、仮性包茎など様々なタイプの包茎を合わせるとほとんどの人が包茎ということが出来ます。仮性包茎である人は劣等感を感じてしまい、コミュニケーション障害などの精神的な病に発展してしまう事もあります。また、そのほかに身体的にも様々なデメリットがあります。

包茎を治す

包茎の基礎知識

包茎に悩み治したいと言う願望をいだく男性は多いことでしょう。包茎治療の代表的なものは、言うまでもなく包皮を切除してしまう包茎手術です。しかし、勃起時に皮をむくことが出来る仮性包茎では、必ずしも包茎手術を受ける必要はなく、包茎矯正器具をつかって「剥き癖」をつけることで改善する事が可能です。真性包茎、カントン包茎といった重度の包茎の場合には、包茎手術が必要となります。

包茎は恥ずかしい悩みかな?

包茎の基礎知識

一般的に「包茎は恥ずかしいことである」とされており、包茎である男性自身も包茎である事に対して羞恥心を抱いているものです。しかし、包茎は本当にはずかしいことなのでしょうか?たしかに胸を張って自慢できる事ではないのは事実です。だからといって、過剰な羞恥心を抱くのもおかしなことであると言えます。ここでは、包茎は本当に恥ずかしい事なのかどうかを考察していきたいと思います。

包茎は臭う?

包茎の基礎知識

包茎はどうしても悪臭がでてしまいます。これは恥垢というものが原因です。恥垢とは、ペニスで分泌された垢で、包皮と亀頭部分の間にたまります。そして排尿時に尿が包皮と亀頭の間に溜まることで、恥垢と尿が混ざり合って腐敗し、それが異臭を放つ原因なのです。これを防ぐためには、日々のケアが重要になります。ここでは、ケアの方法も紹介します。

包茎手術の必要性

包茎の基礎知識

 包茎は手術すれば治るものです。仮性包茎では手術は必ずしも必要ではなく、手術をするかどうかはその人次第といったところでしょう。一方真性包茎やカントン包茎といった、重度の包茎の場合には即刻手術が必要です。ここでは、仮性包茎の人が手術をするならばどのような人たちがそれにあたるのか、それも併せてみて行きましょう。

包茎の基礎知識

ページの先頭へ