包茎は早漏になりやすい

包茎は問題あり

ペニスが短小包茎の人のなかでも仮性包茎の人は、真性包茎やカントン包茎とは違って勃起時に皮が問題なく剥けるため、「自分は仮性包茎で普通にセックスできる、問題ない」と考えている人がいます。しかしこの考えは安易であり、間違いです。性器はそんなに単純なものではなく、一筋縄ではいきません。

包茎は早漏の原因となるだけでなく、短小、性病、精力減退、持続力低下を招く原因となるのです。それに、仮性包茎の人というのは特徴があるため、セックスの時にいくら皮がむけても、女性から見破られてしまう事もあります。そして、「包茎の人は早漏になりやすい」という情報が一般に流布している現代では、包茎を見破られる事は不名誉なことになりかねません。

包茎だと早漏になる所以

なぜ包茎になると持続力がなく早漏になってしまうのでしょうか。それには、包茎の人の亀頭が、平常時には包皮で包まれていることを考えなければなりません。この包皮で包まれている亀頭という部分は、敏感な神経が集まっている場所であり、非常に敏感に作られています。セックスの際に男性器が受ける快感の多くは亀頭から得られるものなのです。

包茎は早漏になる早漏になってしまうのか、持続力を維持して長時間のセックスを楽しめるか、それは亀頭が包皮から飛び出して、外に出てくることが出来るかどうかにかかっています。

包茎でない正常なペニスを考えてみましょう。正常なペニスの亀頭は常に露出しているため、常時下着にこすられたり、風呂に入る際にはお湯の温度に直接さらされたりしており、刺激に対して慣れています。ある意味鈍感になっているのです。

こうして、脳の視床下部(脳の中で性欲を司る部位)も、亀頭から送られてくる刺激に慣れて行きます。そのためセックスの最中でも性的刺激に鋭敏でないため、持続力を以てセックスに臨めるのです。

包茎は刺激に弱い

しかし包茎のペニスでは、亀頭は平常時には守られており、亀頭が刺激を受けるのはオナニーの時やセックスの時だけです。この時だけに限られるならば、時間にしてみるとごく短い時間となってしまい、24時間亀頭をむき出している亀頭と比べれば、ほぼ出していないも同然です。これでは持続力は増す事はなく、早漏も克服されません。

毎日長距離を走る人と、ときどき短距離を走る人とではスタミナに明らかな違いがあるのと同じ事ですね。物事は何事もプラス思考に考えましょう。つまり、包茎の男性はなぜ持続力がなく、なぜ早漏になってしまうのか、その原因ははっきりしているのです。

ペニー教授つまり、その原因である包茎を改善する事が出来れば、持続力もでてきて早漏も克服できると言う事です。

このエントリーをはてなブックマークに追加