包茎と早漏

包茎と早漏は悩み

ペニスが短小や包茎である事は、男性にコンプレックスを感じさせます。同等に早漏も「女性を満足させられないのではないか」という思いから、男性にとっては深刻な悩みに発展する事があります。

男性にとって包茎と早漏は悩みとなりますが、「包茎の人は早漏になりやすい」と言われます。一見何ら関係はなく、点と点の関係でありますが、実は深いつながりがあります。点と点が線でつながるように、ここでは解説を加えて行きましょう。

なぜ包茎であると早漏になりやすいのか

なぜ包茎のために早漏になりやすいのか、それは包皮のせいで刺激に弱いペニスになってしまうからです。包茎は早漏になりやすいのです。亀頭が包皮に覆われていることによって、亀頭の発達が妨げられるだけではなく、刺激に弱いペニスに育ってしまうのです。「包茎の人は早漏になりやすい」ということは今や世間一般の認識であり、女性たちの間でも「包茎の人=早漏」という極端なイメージを持っている女性もいます。

包皮に包まれていることによって刺激に弱くなるといいましたが、亀頭が向けている人は刺激に慣れています。亀頭の表面は神経が密集しているため、刺激に敏感です。しかし、平常から向けている状態のペニスでは、亀頭が常時下着にこすられており、さらに入浴の際に熱いお湯を浴びたりしているうちに、刺激に慣れてきます。そのことによって早漏等にもなりにくいのです。

そのため、包茎でない男性はセックスの刺激にも長い間耐えられるようになります。包茎の人はセックスに強くなるほどの刺激を亀頭に与えつづけることは難しいのです。

精神的な問題も潜んでいる

包茎によって早漏になっている場合、その理由は上述のように「亀頭が刺激に対して敏感すぎる」という事だけではありません。そのような物質的な問題と同時に、精神的な問題も関わってくるのです。例えば「自分は包茎だから早漏である」という思い込みによって、必要以上に刺激に対して敏感になってしまい、精神的な問題を抱えていないのに比べるとはるかに早漏の傾向に拍車をかけることになってしまうのです。

以上の通り、「包茎は早漏になりやすい」ということが分かったと思います。しかし、これは確かにそうである事には間違いないのですが、全ての包茎の人が早漏になると言う事ではありません。カントン包茎や真性包茎の場合は仮性包茎と違い、勃起時にも亀頭が包皮に包まれています。その場合にはセックスの際に包皮がクッションになって亀頭への刺激が緩和されるため、逆に遅漏になるケースもあるのです。

ペニー教授

包茎で早漏の人の中には、「包茎の人は早漏になるものである」と思いこむことが原因でその通りになっている人も多いです。思考が現実化しているのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加