包茎の問題点

日本人の包茎の現状

日本人男性の多くが包茎を抱えています。仮性包茎の男性は実に6割以上であるともされています。ここでは包茎のマイナス面について考えてみることとします。

包茎のマイナス面には色々あります。包皮が余っていることによる見た目の悪さ、恥垢がたまることによる異臭、亀頭が刺激に慣れていないことによる早漏傾向、さらには包茎が原因で性感染症に感染しやすくなるなどのマイナス要素があります。

これらの仮性包茎や真性包茎が持つマイナス面を具体的に見て行きましょう。

亀頭の問題

包茎は包皮が亀頭に常にかぶっている状態を差します。そのことによって亀頭は常に包皮に圧迫されており、亀頭の成長は妨げられています。

その結果、亀頭が大きく成長できず、大きなコンプレックスとなっていることもあります。特に重度の包茎である真性包茎ではこの傾向が強く、包皮と亀頭が癒着しているケースもあります。このような時には、包茎を改善する事で亀頭の成長を促進する事が出来ます。

見た目が悪い

亀頭が包皮に包まれている事は、亀頭が剥きだしになっている状態に比べて見た目が良くありません。この形状にコンプレックスを抱き、異性とのコミュニケーションを避けがちになってしまい、充実した性生活を送れなくなるなどの弊害が生じることもあります。

不潔である

包皮に覆われた亀頭は、通気性が良くありません。そのため、雑菌の温床になるため不潔です。そして、包皮と亀頭の間には恥垢という垢がたまって異臭を放っています。不潔であることが原因となって、尖形コンジロームを初めとする性感染症、フォアダイス、包皮炎、亀頭炎、尿道炎の原因にもなる事があります。

不妊になりやすい

包茎は包皮が障壁となり、射精のときに十分な精子の量を子宮に送り届けることが出来なくなっています。つまり不妊の原因となるのです。

また、不潔の項ともリンクしますが、包皮で繁殖した雑菌が女性に感染する事で、子宮ガンや不妊症の原因になる事もあります。このことから、包茎を避ける女性も出てきます。

毛が絡まる

包茎は包皮が余っている状態であるため、包皮が亀頭を覆う時に陰毛を巻きこんで痛い、不快な思いをすることがあります。これによって痛みや不快感だけではなく、亀頭炎や包皮炎といった感染症のリスクも出てきます。

早漏傾向

平常時には包皮が亀頭をおおっているため、亀頭は使役に慣れていない状態が続きます。このため、刺激に対して敏感であるため、セックスの際に早漏傾向が顕著になります。

ペニー教授

これらが包茎である事のマイナス面です。男性が包茎に悩むのも宜なるかなです。


このエントリーをはてなブックマークに追加