包茎が多い日本人

日本人の6割が仮性包茎、真性包茎やカントン包茎を含めば8割包茎

上野クリニック

包茎に悩んでいる男性は多いものです。日本人の6割が仮性包茎であり、真性包茎やカントン包茎を合わせれば8割くらいは包茎であるとされています。包茎に悩む男性は多いものです。

早漏や異臭を引き起こす上に、性感染症のリスクが高くなるなど、様々な障害があるからです。

代表的な治療方法には包茎手術があります。包茎手術は、亀頭を包んでいる包皮を切除する事によって亀頭を出すと言う方法です。

包茎手術をしたいと思っているならば、出来るだけ早い段階で踏み切った方がいいでしょう。

包茎手術は子供の時にはしないので、手術を検討する最も理想的な時期は18歳になったころです。

思春期で包茎は気になっていることでしょうが、なかなか子供の方から言いだせる問題ではありません。この場合には親が気にかけて揚げる必要があります。

思春期は多感な時期であり、しかも体のコンプレックスは心の成長に支障をきたすものです。包茎手術を行う事は精神的な衛生にいいことなのです。

それだけでなく、包茎は感染症にかかりやすいため、手術をすることで清潔を保って病気にかからないようになります。このような意味で、包茎手術を行うには早い方がいいと言うのです。
 
うちの子は包茎じゃないかしらと、こどもが小さいうちから気に揉み過ぎる必要はありません。子供の場合はみんな真性包茎です。

成長に随って仮性包茎に移行して問題なくなることもあります。日常生活に支障のある場合や、炎症を繰り返して起こるなどの障害が見られるならば、医師に相談し、必要に応じて手術を受けましょう。

大人の包茎の場合でも、日常生活や性生活に支障がない仮性包茎の場合には、手術をせずとも治ることがあります。

真性包茎でやってはならない事

真性包茎でやってはならないのが無理に皮をむくことです。無理にむくとカントン包茎になってしまう事があります。カントン包茎は入り口が狭いという特徴があるため、無理矢理剥いて亀頭を出すと、亀頭が再び包皮に戻らなくなり、血流が悪くなります。

最悪の場合には亀頭が壊死してしまう事もありますので、早急に手術を行う必要があります。

仮性包茎にしろ、真性包茎にしろ、カントン包茎にしろ、手術の必要がある場合には早めに行った方がいいでしょう。

包茎手術を検討しているならば、まずは病院やクリニックに相談してみるようにしましょう。包茎手術の方法は人によって変わってきますので、カウンセリングを受けるのが第一歩になるでしょう。

包茎の手術に踏み切るなら早い断簡で行う方が良いでしょう。通常子供の包茎の手術はしませんから、18歳になった頃に手術を検討してみてください。

思春期の頃の年齢でもありますから、親が気にかけてあげましょう。体にコンプレックスがあると、心の成長にも支障が出てしまいます。

包茎手術が早い方が良いのは、精神的なものだけではありません。

包茎は感染症に注意する

包茎は感染症にかかりやすいので、清潔を保ち病気にかからない為にも手術を早めに受けるべきです。

しかし、子供の場合は真性包茎であっても、成長に従い仮性包茎に移行し問題なくなる場合もあります。

日常生活に支障がある、炎症を繰り返し起こしているなどの場合では医師に相談の上、必要なら手術を受けるようにしてください。

大人の包茎の場合でも、日常生活や性生活に支障が無い仮性包茎の場合では手術をしなくても治る事もあります。真性包茎の場合で、無理に皮をむく事を行うと、カントン包茎になってしまう事もあります。

カントン包茎は入り口が狭いため、無理やり出した亀頭が元に戻らなくなり、血流が悪くなってしまう状態です。

このような状態では亀頭が壊死してしまう可能性も出てくるので、手術の必要性が出てきます。包茎の場合によっては手術が必要となり、手術を行う必要があるなら早めに行ったほうが良いでしょう。

カントン包茎になってしまった場合には、亀頭が元に戻らなくて激痛を感じる事もあるのです。あくまでも必要があるなら早めに手術を受けたほうが良いという話になります。

ペニー教授包茎の手術を検討しているならまずはクリニックに相談してみることをおすすめします。包茎手術は、その方法も人によって変わってきます。
上野クリニック
当サイトでは、患者によって手術の方法をカウンセリングしてくれる上野クリニックをおすすめします。

手術費用もそれほど高いものではありません。 そして上野クリニックは全国に店舗がありますので安心です。詳しくはこちらをご覧下さい。