包茎の悩み

ペニスに抱く「恥ずかしい」という認識

houkei包茎に悩んでいる男性は多いものです。悩みを抱く男性の多くは包茎のどこに悩んでいるのかと言うと、包茎であることに羞恥心を抱いて悩んでいます。

包茎を恥ずかしく思って悩み、最後にはその悩みに開き直り、また悩み・・・というループをたどっている男性も少なくないでしょう。

では問題の根本を正してみましょう。

包茎は本当に恥ずかしいことなのでしょうか?

身体は大人にったものの、ペニスの形は子供?

大前提として、人の価値観はそれぞれ違うため、包茎が恥ずかしいことかどうかは一概には言える事ではありません。

男性のペニスしかしながら、子供のころから抱いていた「大人になればペニスは成長して皮が自然と向けるものである」という固定観念が社会通念として存在していることは事実です。

このため、包茎である事が「自分は身体は大人にったものの、ペニスの形は子供の形のままだ、ということから馬鹿にされることとなってしまうのです。

馬鹿にされたときに恥ずかしいと思うのは、理性を持った人間であれば当然のことです。

生理学的見解を施すならば、包茎は恥じらうべき事ではありません。人間は個体別に独自の遺伝子を持っているため、顔や手の形状が違うのです。

それに伴ってペニスの形状に違いがあるのも当然のことです。つまり包茎が馬鹿にされる風潮は、風評被害とも言えるものです。

このため、過剰に恥じらいを感じるのは考えものです。この事に悩みを抱かず、包茎であっても普通に生活し、銭湯などでも包茎のペニスをさらしている男性も多いものです。

包茎には不潔なイメージが定着しているのは確か

包茎は不潔努めて隠そうとするよりはそちらの方が潔くていいとも言えます。人に包茎を笑われてもあまり気にしない心持が大切となるでしょう。

この他、包茎には不潔なイメージが定着しているため、単に包茎であるだけで汚い人間と思われてしまう事もあります。

実際には包茎である事により、一般男性よりも入念なケアをしている包茎の男性も多いため、一概には言えない事です。

しかし世間一般に流布している不潔なイメージも、包茎が馬鹿にされる要因となっています。

しかし、これらの「馬鹿にされる」ということに関して、見逃してはならない点があります。

包茎やペニスのサイズに関しては、男性が気にしすぎ

それは、この馬鹿にすると言う行為の多くが、女性からではなく男性同士で起こっていると言う事です。

女性は包茎に対してそれほど関心を寄せていない場合も多く、むしろ包茎であるかどうかよりは、セックスの際のテクニックや雰囲気作りはどうかということに関心を抱いているのです。

包茎やペニスのサイズに関しては、男性が気にしすぎているだけだという調査データもあるのです。

ペニー教授ペニスに抱く「恥ずかしい」という認識は、男性間のみで起こっていることが多いのです。

確かに、包茎である事は胸を張って自慢できる事ではありません。しかし、気にしすぎ、過剰な羞恥心を抱く必要はそれほどないと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加