包茎を治す方法

包茎にも幾つか種類がある

包茎の悩み世の包茎男性にとっては、包茎は性の悩みの中で非常に大きなものとなるでしょう。「どっちでもいい」と思っている人もいるかもしれませんが、多くの人は出来る事なら治したいと思っていることでしょう。

包茎の治療は手術を受けることが一般的な治療方法ですが、仮性包茎を自分で治す方法もあるので、それについて考えて行きたいと思います。

そもそも仮性包茎というのは、包皮が余っているために平常時は常に皮をかぶっている状態の事を言いますので、仮性包茎を何とかしようと思ったら、この包皮を何とかしなければならないのです。包茎手術では、余分な包皮は切除します。
 
また、仮性包茎には垢がたまりやすいと言う特徴があるものの、普段から心がけて清潔にしていれば特に問題はありませんから、仮性包茎手術はそれほど必要はないと思います。

仮性包茎と仮性包茎矯正グッズ

 
仮性包茎強制グッズ

仮性包茎を自分で治そうとするときの一番の問題は、長期間を要するために根気が足りなくなると言う事です。折角仮性包茎矯正グッズをせっかく買ってもつけ忘れてないがしろになってしまう事も多々あります。

仮性包茎強制グッズ

仮性包茎を強制する他にも包茎矯正グッズの問題点はあります。それは自分のペニスに合うサイズではなかったと言う事です。サイズが合っていなければ、装着したはずのものがいつの間にか外れていたりと、装着が困難になります。

余った包皮に対処するには、「剥き癖をつける」ことこそが重要なのです。出来るだけ剥いた状態を保つことによって、むけている状態が普通だと言う風に癖をつけるのです。

適切な器具が見つかれば、それを装着しておくのもいい方法でしょう。自分でこまめに剥いても出来ない事はないのですが、それだと頻繁に元戻りになってしまうのでキリがありません。

とにかく矯正器具の力を借りながらでも、剥き癖をつけると言う事が大切です。この癖がつくまではコツコツと頑張る事が大切です。

仮性包茎強制グッズ

真性包茎やカントン包茎の場合

仮性包茎強制グッズただし、皮をむくことさえできない真性包茎やカントン包茎の場合には事情が異なります。

真性包茎やカントン包茎では、勃起を状態でも亀頭が包皮に包まれているため、セックスの際に快感を受容する亀頭が上手く機能する事ができません。このため、遅漏になる可能性があるのです。

また、射精をした際に包皮が障壁となり、精子が思ったように子宮に届かないと言う事もあります。

ペニー教授カントン包茎の場合には、包皮を無理に剥いたならば包皮がペニスの胴体を締め付けることになり、血行不良におちいり、最悪の場合には壊死する事もあります。

真性包茎やカントン包茎の場合には、包茎手術を受けることをお勧めします。
このエントリーをはてなブックマークに追加