包茎の種類を知る

日本人男性の6~7割は仮性包茎

仮性包茎の男性で悩みを抱く人の中には、手術を検討している人もいることでしょう。ではかせ包茎手術は必要なのかどうか考えてみましょう。

結論から述べるのであれば、仮性包茎だからと言って、必ずしも手術が必要という事にはなりません。そもそも日本人男性の6~7割は仮性包茎であるとされています。軽度と重度の差こそあれ、日本人の多くは包茎なのです。

これを考えるならば、必ずしも手術が必要ではないと言う事が分かるでしょう。少し気が楽にもなるでしょう。

仮性包茎意外の包茎

仮性包茎意外の包茎には、真性包茎やカントン包茎という重度の包茎があります。これらはセックスの時にも亀頭に包皮がかぶさっているので、感度は良くなく、全く持って楽しくセックスをすることができません。

さらに皮をかぶっているため垢がたまりやすく、性病や陰茎ガンのリスクも高いです。

カントン包茎の場合には、包皮がめくれるとペニスを締め付け、最悪の場合には血行不良から壊死に至る事さえあります。真性包茎、カントン包茎の場合にはすぐに手術を受けるべきでしょう。

仮性包茎の場合、余程の事がなければ手術をする必要はないでしょう。しかし仮性包茎でも症状如何では手術を受けるべき場合もあります。

以下に挙げる症状に該当する場合には、早期に手術を受けるべきかも知れません。

そもそも仮性包茎とは、平常時は亀頭が皮をかぶっており、勃起時には完全に剥ける場合を差します。これは軽度のケースです。この程度であれば手術は必要ないでしょう。

しかし、以下の症状に悩んでいるならば、それは重度の仮性包茎です。この場合にはs仮性包茎手術が必要と思っていいでしょう。

重度の仮性包茎とは

◎ 亀頭に垢がたまりやすく、悪臭がする

◎ 垢による悪臭が原因で女性に嫌われはしないかと気になって仕方がない

◎ 衛生管理が悪いため、性病にかかるかもしれない、怖い

◎ 衛生管理が悪いために、陰茎ガンになるのを恐れている

◎ 衛生管理の悪いペニスに湧いた菌を彼女に移し、子宮頸がんにさせたくない

◎ 早漏を治して持久力をつけたい

◎ ペニスを増大させたい


というような悩みや希望を持っているならば、仮性包茎手術を受けるといいでしょう。仮性包茎手術は緊急性のある手術ではないため、ゆっくりと考えて手術を受けるかどうかを決定するといいでしょう。

仮性包茎は勃起時以外は亀頭に包皮がかぶさっていますので、垢などの汚れが溜まりやすくなってしまいます。これが悪臭をはなったり、感染症や性病にかかるリスクを挙げ、それが延いてはパートナーに感染するリスクにもなるのです。

ペニー教授また、包茎を原因として早漏やEDを起こすことがあります。仮性包茎手術を受けることで、これらの症状は次第に解決されて行きます。早漏やEDさえ自然治癒する可能性が高いのです。

また、包皮で保護された亀頭は先細りになりがちであり、短小のペニスになりやすいのです。仮性包茎手術を受けることで、亀頭が露出し、ペニスのサイズアップが期待できます。