包茎が多い日本人

日本人の包茎の割合は6割以上

仮性包茎というのは、勃起していない平常時の状態のとき、亀頭が皮に包まれている状態を言います。日本人の包茎の割合は6割以上にもなります。包茎のレベルは人それぞれで、一概に明確なラインを引いて包茎の種類を分けることはできません。包茎にも軽度から重度まで様々な包茎があります。

仮性包茎のデメリット真性包茎とは勃起をした状態でも皮をむけない状態です。それに近い仮性包茎でも、勃起をした時は皮に包まれており、手動で皮をむく必要があります。この場合には仮性包茎であっても手術が必要なケースがあります。不安なときには医師に診てもらい、カウンセリングを受けるといいでしょう。

仮性包茎の原因はどこにあるのかと言うと、幼少期の皮をかぶった状態での勃起の回数や、自慰行為の多さが挙げられます。これらの行為をすることによって、包皮が伸びてしまい、陰茎が発達しても皮が余って向けない状態になるのです。これが仮性包茎を誘発する原因です。

仮性包茎が殆どを占める

包茎コンプレックス日本人の中で仮性包茎の人は6割以上にも上り、ほとんどの人が仮性包茎と言っても過言ではありません。多くの男性が包茎に悩んでいます。最も多いのが、本人でも気付かないうちに精神面での悩みを抱えていることがあります。

思春期になると、仮性包茎に悩み始めます。他の人の多くも悩んでいるのですが、自分ひとりだけが仮性包茎なのではないかという悩みを抱き、それが引いてはコミュニケーション障害に発展してしまったり、人と向き合うのが苦手になったり、修学旅行などの本来楽しい場であっても、友達同士の裸の付き合いが出来なくなってしまうのです。

このように仮性包茎は精神的な病気の原因になる事がありますが、それだけではありません。包茎に対して不潔なイメージを抱いている人も多いことでしょうが、事実包茎のままであると亀頭が皮に包まれているため、蒸れて不潔な状態になります。亀頭が皮に守られていないため、乾燥状態になる事が出来ず、細菌の温床になり、それが垢となって悪臭を放つこともあるのです。

仮性包茎のデメリット

他にも仮性包茎のデメリットはあります。例えば、
・皮がたるんでいる状態であるため、感度が悪くなってしまう
・平常時は皮におおわれているため、セックスの際に亀頭を出しても早漏気味になる
・亀頭が皮をかぶっているために、細菌が溜まって白いカスがたまる
・包茎であることに劣等感を持っており、自信が持てない
・コンジローム(ウイルス)が亀頭の根元に発生する
・亀頭が皮におおわれているため、カリが発達する事が出来ず、先細りになってしまう
・感度が鈍くなり、ED予備軍となってしまう

ペニー教授仮性包茎にはこのような様々なデメリットがあるのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加