早漏の原因を知る

早漏の原因を知る事

早漏の原因を簡単に言うならば、それは「射精のコントロールがうまくできていない」という状態を差します。

日本人には早漏の男性が多いとされますが、これを改善する事は可能です。改善のためには原因を知る必要があるので、早漏の原因を知りましょう。

早漏の原因の大元は、自律神経の異常です。

射精をコントロールするには

自律神経には交感神経と副交感神経とがありますが、交感神経は興奮した状態のときに優位となる神経であり、副交感神経はリラックスしている時に優位となる神経です。

セックスの時には副交感神経が優位になり、射精時に交感神経が優位になるのが正しい心の持ち方です。

セックスの最中に何らかのストレスを感じて交感神経が優位になっていれば、それが原因で射精のコントロールがうまくいかないと言う事が多々あります。

このような自律神経の異常が早漏の大きな原因になっていると考えられています。

早漏防止に必要な要素

このことから分かるのは、自律神経の異常を改善する事が早漏防止のために重要であると言う事です。

刺激に耐えるトレーニングの他に栄養学的な改善が重要となってくるのもここに理由があります。このほか、心理的な要素から早漏が引き起こされることも多々あります。

たとえば過去の失敗から女性への恐怖心を持っていることなどが挙げられます。

初めてのセックスで女性を上手くリードできなかった過去がトラウマになって、セックスの時リラックスできないのです。

男性はセックスの際に女性より優位に立ち、リードしていきたいと思うものです。

女性を満足させられないことが続くとセックスの最中にリラックスできなくなり、交感神経が優位となって射精のコントロールが難しくなるのです。

射精コントロールとストレスと不安と心の関係

基本的に女性は優しいもので、早漏に関して騒ぎ立てるようなマネはしないかと思います。

しかし、男性の持つ感性が女性を満足させられなかったことに対して敏感に反応し、自信がなくなることがあります。
そうなるとセックスする度にストレスと不安が入り交ざり、交感神経が優位に立ってしまうため、射精のコントロールがうまくいかなくなるのです。

女性への恐怖心が早漏の原因になっているならば、問題点が見えているので改善が比較的簡単です。

セックスの際に過去のことにとらわれずに自信を持ってセックスをすることが大切になります。

また、パートナーが早漏に対して理解してくれており、共に訓練を行うことができるのであれば、比較的リラックスしてセックスを行う事が出来ると思います。

ペニー教授心理的要因からの早漏を防止するには、心の持ち方が大切です。

身体的トレーニングを積み、少しずつ自信をつけていくことで早漏の改善に繋がります。

自分は大丈夫だと思う心の持ち方一つで、早漏が緩和されて行きます。