EDで起こる問題

EDが生む夫婦間のミゾ・・

年齢を重ねると元気がなくなるのは、ある程度仕方のないことですよね。

でも、四十代後半から五十代半ばという、普通の男性ならまだまだ元気な
はずの年齢だというのに、実際には、性機能が落ちてきている。

そのようなケースが今非常に増えて来ています。

その中でも最近急増している年代が三十代や四十代の方々。
原因不明な性機能の低下に悩まされている人が急増しているのです。

EDが夫婦の間にミゾをつくり、やがて離婚にまで発展する問題となってしまう。。

EDと診断された場合、心因性が原因で、EDになってしまったと診断される場合が非常に多いようですが、会社や仕事でのストレスや、家庭内が原因で起こるストレス・・。

このストレスというものは、眼に見える現象としてハッキリとその現象が現れにくいため、なぜ、そうなってしまうのか。。診断するのが非常にややこしい・・。というのが現在の状況。

通常の病気は検査によって数量化されますが、、EDの場合は程度の差があるとはいっても、その判断基準がセックスが可能か否かであり、それには個人差があり、その上目には見えない心の問題が加わってくる。

だからEDは、とてもややこしいんですね。様々な原因が考えられる。

一般的な健康診断でも判るように、通常、健康状態というのは、血圧や体温を測り、尿や、便、血液検査、レントゲン等を撮ればある程度の事までは、チェックすることが出来る現代医学ではありますが、

EDの場合、正常値とは何か?性的機能正常とは何なのか?
が判然としないため、診断がとても難しいのです。まさに現代病の一つと言えるでしょう。

ペニー教授

自分が満足し、パートナーが満足することが正しいと考えるなら、その時の満足度は、どうやってはかるのか考えるか?

というそもそもその考え方自体に無理があるのです。

病状も人それぞれで、しかも同じ人でも状況によってその都度症状が違う場合が多い。

つまり「性的機能を測る物差し」がないため、診断や適した治療を導き出すのが非常に難しいというのが、実態なのです。