勃起力と射精力

男の精力と射精力の衰え

男の厄年は25歳、42歳、62歳ですが、この年を節目として体に変調をきたすものです。中でも42歳は、老化とともに体力的な衰えが顕著になってきます。同時に射精力などの精力も衰えてくるものです。

勃起は通常、副交感神経の作用によって生じます。そして射精は交感神経の作用によって起こります。つまり、勃起力が弱まる事は副交感神経が交感神経によって抑制されている状態であり、交感神経が強すぎる状態です。

射精の瞬間、つまり交感神経が強く働いている時、私たちはどのような状態になっているのかと言うと、ストレスが非常に溜まっている状態です。ストレスにさらされている真っ只中なのです。

交感神経が過剰に働くと、脈拍は多くなって心拍数は上がり、血圧も上昇します。これは身体にとってはあまり好ましくない状態です。そのような状態を解消するためには、副交感神経と交感神経がバランスよく働く状態に導く必要があります。

勃起と射精に関係する自律神経

勃起と射精に関係する自律神経、つまり交感神経と副交感神経はコントロールできないモノとされてきました。しかし最近では、自律訓練法が誰でも手軽に行えるようになり、自律神経を正常化するサプリメントも開発され、コントロールが出来るようになってきました。

自律訓練法の代表格はヨガ、座禅、音楽療法、暗示療法があります。これによって男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促すことが出来ます。また、トンカットアリやマカなどといった疲労回復に役立つサプリメントも利用する事が出来ます。これらのいくつかを試してみて、自分に合った方法を見つけることが大切です。

自身の心身の健康状態

勃起と射精に関係する自律神経、つまり交感神経と副交感神経はコントロールできないモノとされてきました。しかし最近では、自律訓練法が誰でも手軽に行えるようになり、自律神経を正常化するサプリメントも開発され、コントロールが出来るようになってきました。

ペニー教授

自律訓練法の代表格はヨガ、座禅、音楽療法、暗示療法があります。これによって男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促すことが出来ます。また、シトルリンXLやマカなどといった疲労回復に役立つサプリメントも利用する事が出来ます。これらのいくつかを試してみて、自分に合った方法を見つけることが大切です。


このエントリーをはてなブックマークに追加