射精を我慢する

女性がオーガズムに到達するまで射精を我慢する

女性がオーガズムに達するまで射精を我慢する日本人男性がセックスの際に女性の膣にペニスを挿入し、射精に至るまでの平均時間は7分であるとされます。これに対し、女性がオーガズムに達するためには20分程度かかるとされます。

このため、セックスにおいて男性と女性がともに満足するためには、女性がオーガズムに到達するまで男性も何とか射精を我慢して耐えることが大切となります。

では射精を我慢するためにはどのような方法があるでしょうか。男性の場合は、セックスで挿入しているときに快感を感じられるのはペニスのみであるため、射精までの時間を長くするためには、ペニスに与えられる快感を如何に減らすかという事が重要になります。

絶頂に達しそうになれば膣内から抜いてしまうという方法もありますが、それでは女性の快感に水を差すこととなってしまうので好ましくありません。

女性には快感を与え続けつつペニスの絶頂に至るのを防ぐ

女性には満足を与えつつペニスの射精を防ぐしかし男性のペニスは、膣内でピストン運動を行う事で、ペニス全体が摩擦を受けることで強い快感を覚えるのです。

その摩擦に強くなるトレーニングもありますが、より手軽な方法があります。その方法では、快感を減らしたいと思った時、まずペニスを女性の膣内深いところまで埋め込んでしまいます。

そこからさらに奥を突くような動きを小刻みに繰り返します。そうすることでペニス全体はそれほど摩擦による影響を受けることがないため、絶頂に至るのを防ぐ事が出来ます。

さらに女性には快感を与え続けることが出来ると言う事です。

この動きは、挿入初期から行うのがいいと思います。挿入してすぐに激しいピストン運動をしてしまうと、特に早漏の男性はそれだけでだめになってしまう事でしょう。また、大切なことはピストン運度のペース・スピードのコントロールをきちんと行う事でしょう。

自分がどのようなペースやスピードで動くと射精に至り安いかという事は、自分自身自覚のあるところだと思います。

脳の仕組みを利用する

それらを考慮しながら、緩急の織り交ぜや角度に変化をつけたりすることで早い段階での射精に至らないように工夫していくのです。

もう一つ大事な事は、脳の仕組みを利用する事です。射精は脳が興奮状態の絶頂になっている時に起こるものですから、脳の注意を如何に逸らすかということが大切です。

ペニー教授例えば絶頂に至りそうになった時に職場でのもめごとで頭を一杯にしてみたり、不細工な女性のことを思い浮かべるといったことです。

これで絶頂をやり過ごすことが出来ると思います。これらのテクニックを使いながら射精を我慢し、女性にもオーガズムを味わわせることで、円満なセックスが出来ることでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加