急増するインポの若者

インポの原因

近年、若者にインポが急増しているといいます。インポとは朝立ちさえしない状況の事を言います。

朝立ちはなぜ起きるのかというと、寝ている間も臓器は活動しているからです。寝ている間も自律神経の働きによって腎臓やその他の臓器は活動を続けています。

朝までには腎臓で処理された小便がたまって膀胱が膨張し、前立腺が圧迫されて陰茎が勃起するのです。

朝立ちがないと言う事は自律神経が乱れて身体の各所が上手く機能せず、体力が充実していないと言う事です。そして仕事もやる気に欠け生活の随所に影響が出てしまいます。

確かに膀胱に小便が溜まって前立腺が圧迫されているのに勃起が起こらないと言う事は、体力が低下していると言う事であるか、もしくは前立腺が圧迫されるほどに小便が溜まっていない、つまり腎臓の機能が低下している事を意味します。

では若者の間で朝立ちできない若者が増えている原因は何でしょうか。これにはいくつかの原因が考えられます。

朝立ちしない原因

一つには性的な描写が世間に溢れすぎたことでしょう。インターネットの普及によって性的な動画や画像が簡単に見られるため、少々の性的描写では興奮しなくなったと言うのも一つの原因でしょう。

もう一つはうつ病的な男性が増えたことでしょう。これはパソコンやケータイの普及によって、本物の女性と自由に交際できなくなってしまっています。

バーチャルな世界の女性以外に興味を抱けなくなっている男性が多くなっているのです。

バーチャルな世界では思い通りになる女性に慣れ過ぎたため、現実世界で本物になると、とたんに我がままになるように感じるのです。

そして現実の女性から目をそむけるようになり、次第に女性に対する免疫がなくなってしまうのです。

また、糖分を摂りすぎる男性も増えてきています。甘い物が大好きで見境なく甘い物を食べまくる男性が増えてきています。

糖分を摂りすぎると、前頭葉にしびれが出始め、行動が緩慢になり、末梢神経がしびれてくるといいます。これが性欲の低下を引き起こしているのです。

性欲減退の原因は生活習慣が引き金

 
普通ならば若者というのは何度セックスをしても飽き足らないものですが、彼女と一緒に時を過ごしても性欲が起きず、勃起もしない、朝立ちもしないという男性が増えてきています。

ペニー教授最悪の結果として糖尿病になると、本当に勃起する事が困難となってしまいます。血液循環が上手くいかなくなるのです。勃起というのはペニスに血液が大量に流入して膨張する事を言いますので、当然糖尿病によって血液循環に障害がでれば勃起が困難になるのです。

これらの見解は多少医学的見地からは離れた味方ですが、こういった若い男性の生態的な変化が若者のインポを急増させているという見方もあるのです。