女性のセックスは何歳まで可能?

悩ましいホルモン補充療法

更年期障害という言葉がある。女性は何歳までセックスをするのだろうか?女性は本人の意思さえあれば、死ぬまでセックスができるのだろうか?

ai2

更年期における色んな症状は時間が経過すれば治るらしいが、セックスだけはそのままにしておくとできなくなってしまうらしい。

女性の更年期障害

女性の更年期は五十歳を中心に前後5年という風に言われている。

一般的に女性はこの間に閉経する。

それに伴ってホルモンのバランスが崩れるため様々な症状が表れる。

不眠や不定愁訴、ホットフラッシュ、動悸ドライ・アイなど、それこそ多種多様な障害がふりかかってくる。何事もなく更年期をやり過ごす人もいるようだが、更年期障害というのはつまり、妊娠した時のつわりのようなものらしい。

日常生活に支障をきたすくらい苦しむ人もいる。

閉経すると女性の膣は縮んで硬くなり、男性の性器を受け入れるのが難しくなってしまうのだ。膣の潤いもなくなってしまうのだ。

だから、性交痛や出血が起きるようになってしまうのだ。

日本ホルモン補充療法の歴史が浅い

女性がずっとセックスを続けたいと思ったら、ホルモン補充療法しかないようだ。だけど、ホルモン補充療法は、子宮癌や乳癌になる確率が高いと言われている為。女性としては非常に悩ましい問題なのである。

日本はアメリカと違い、ホルモン補充療法の歴史が浅いのでまだ十分なデーターが出てないととのこと。

ペニー教授でも、ご主人が年下とかで、末永くアクティブな性生活をおくりたいと考えている女性にはホルモン補充療法が欠かせない。だけどホルモン投与を続ければ、十分なデーター検証結果がない上、子宮癌や乳癌になるかもしれない。。

そのように考えると、これは非常に悩ましい問題なのだ。

但し、女性の身体はほうっておくと間違えなくセックスができなくなってしまうのだ。更年期を境にして膣が変わってしまうからだ。

このような問題を如何に解決していくか?それを考察していきたい。