男性更年期障害とは

女性に訪れる更年期障害を理解し旦那さんから感謝の気持ちを表現する

女性には更年期障害というものがあるのは誰でもご存知でしょう。女性は50歳前後になると、閉経にともない女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が急速に低下します。

女性ホルモンエストロゲンの低下現象エストロゲンの不足は自律神経、脳、血管、骨などに作用し、動悸、不眠、イライラ、頭痛、めまい、肩こり、腰痛、ほてり、発汗、しびれ、食欲不振、疲労感などさまざまな不調となって現れます。

やがてエストロゲンが欠乏した状態で安定してくると、症状は治ります。
更年期障害の症状はエストロゲンの分泌が急激に変化しているときに起きます。

知らぬ間に訪れる男性更年期障害の恐ろしい症状

一方、これと似た症状が中年男性にも現れるのです。「男性にも更年期障害はある」という話を聞いたことはないでしょうか?

ストレスにより男性更年期障害の症状は現れる実は、LOH症候群とは、これまでいわれていた男性の更年期障害のことなのです。
男性のアンドロゲンは、女性のエストロゲンが閉経とともに一気に下がるようには
低下しません。ほとんどの男性では年齢とともに徐々に低下します。

低下のスピードがストレスなどによって急激になった場合にさまざまな症状や病状となって現れるのです。

男性の更年期障害は長い間、単なる加齢変化や生理的変化であると考えれらてきました。
少し前まで中年男性が訴える不調については医師の多くが精神的なものとして済ませてきたのです。

女性の更年期障害の最も典型的な症状は「ホットフラッシュ」と呼ばれる発汗やほてりです。これはエストロゲンが低下したことにより、血管の収縮がうまくコントロールできなくなったために起こるものです。

男性ホルモンアンドロゲンの現象それに対し、男性は女性ほど急激な発汗が起こるようなケースはあまり見られません。

アンドロゲンの低下にともなう症状や病状が女性のようには明確に見えないのです。当事者である男性たちもそれほど深刻な病気とは思わず、そのつらさをこらえ、がんばってきたという事情もあり、結果的に中年男性の健康管理は遅れてしまいました。

しかし、近年の研究により、40歳を過ぎた男性が体験するさまざまな症状や病状はアンドロゲン不足を原因としたものであることが多く、しかも、それらは女性が更年期に体験するものに匹敵することがわかってきました。

投稿の編集 ‹ ペニス増大精力剤 Virtual Journal — WordPress.html

病状が悪化すれば、本人がつらいだけでなく、仕事では単純な失敗の連続、プライベートではパートナーとの性交渉にも応えられないなど、その人の人生を崩壊させてしまうこともあるのです。

「万病」の原因となる男性更年期障害

中年男性が訴える精神的・肉体的不調は単なる老化や衰えとして片づけるべき問題ではないということです。

例えば性機能です。女性はエストロゲンの低下により、膣などの生殖器が委縮するため、性交渉時に痛みをともないます。そのためセックスを拒否したり、消極的になったりします。一方、男性の場合、アンドロゲンの低下は性欲の減退、さらにED(勃起障害)につながります。

男性ホルモンが減るとEDを発症しやすくなる

朝の勃起がなくなったら要注意

その兆候のひとつが朝の勃起がなくなるということです。

また、一般的に女性は閉経後、太る傾向にあります。動脈硬化、脂質異常症(高脂血症)、高血圧、骨粗しょう症なども閉経後に増加する病気です。

男性もアンドロゲンの低下にともない筋肉量が減少し、脂肪量が増加します。いわゆるメタボと呼ばれる状態になり、脳卒中や心臓病などを起しやすくなります。

ペニー教授

近年は、さらに認知症などにもなりやすくなることがわかっています。

つまり、女性の性ホルモン低下にともなう症状と男性のそれとを比較したところ、非常に良く似ていることがわかったのです。

こうして男性の更年期障害の研究が進み、その概念が確立されるに至ったわけですが、それでも日本ではここ十数年のことにすぎません。

このエントリーをはてなブックマークに追加