精力と抜け毛

子供が欲しいなら抜け毛を忘れるのが得策

女性のヘアではなく男のヘア、つまり頭の毛の話。男性にとって、とかく髪の毛は気になるものだ。不景気の世でも男性用かカツラや増毛のCMは一向に廃れる気配がない。

男性ホルモンの働きを阻害するここ数年、テレビCMでも見かけるようになった「AGA(エージーエー)/AndrogeneicAlopecia/男性型脱毛症」。

現在AGAに対して治療効果が認められた薬剤はふたつ。

そのひとつ、「ミノキシジル」を主成分とする育毛剤は薬局などの店頭で購入できるので、すでに試した人も多いのではないだろうか。こちらは男性ホルモンとは関係がない。

「育毛剤」が男性ホルモンと密接な関係

全国で1200万人以上の人がAGAだといわれている。この治療薬、いわゆる「育毛剤」が男性ホルモンと密接な関係がある。エージーエーと男性ホルモンの関係男性ホルモンと関係が深いのは、病院で処方される「フィナステリド」を主成分とする治療薬だ。

このフィナステリドには、実は男性ホルモンの作用を抑える働きがあり、抜け毛といっしょに男性ホルモンの働きもブロックされてしまう。

子供を望む人は要注意。

髪の毛が生えて抜けるメカニズムに、男性ホルモンがかかわっているのをご存じだろうか?実は髪の毛根に男性ホルモンが働くことによって、毛は抜けていく。

そのプロセスはこうだ。

髪の毛が抜けると、頭皮にある毛母が毛細血管から栄養を受け、新しい髪の毛が徐々に成長を始める
 ↓
成長期には、髪は次第に太く長く伸びていく。
 ↓
やがて頭皮の下にある毛球の退縮が始まり、毛球が大家して休止期に入り、その後脱毛する。
 ↓
そしてまた新しい髪が成長を始める。

このようなヘアサイクルが存在する。ところが、毛母の毛乳頭という部分が萎縮すると「髪が太く、長くなる」というサイクルがバイパスされて、髪の成長サイクルが短くなってしまう。すると髪の毛が十分に成長しないため、髪は細く、短くなり、抜けるのも早くなる。

男性ホルモンの働きを抑えるフィナステリドその状態が続いて薄毛、抜け毛が進むとAGAと診断されるのだ。

このとき毛母細胞の寿命を短くして、ヘアサイクルの成長期を短縮してしまうのが、「ジヒドロテストテロン(DHT)」という物質。

この物質は、男性ホルモンであるテストステロン(T)が5a-リダクターゼという還元酵素の働きによって変換されたものだ。

そこで、テストステロンと5a-リダクターゼが結合しないように、レセプター(受容体)をブロックするのがフィナステリドだ。つまり、フィナステリドを服用すると、体内にテストステロンはあるものの、その働きが抑えられてしまうということになる。

性欲減退や射精障害、EDや精子数の減少等の副作用が・・。

ED(勃起不全)と男性ホルモン

男性ホルモンの副作用はペニスから始まる

頭皮では抜け毛を抑えるように働くフィナステリドだが、その一方で生殖に関しては副作用がある。代表的なものが、性欲減退や射精障害、ED、精子数の減少などだ。

また、ペニスの海綿体の細胞が萎縮して、ED(勃起不全)になる人もいる。

さらに、精子の製造・保管場所である精巣にも影響を及ぼす。

副作用がおこるのは、1・5~2.9%といわれており、実際に起こるかどうかは、使ってみないとわからない。けれど、子供が欲しいのなら、リスクがあることをあえてする必要はない。ひとまずヘア(髪)は諦めるのが無難だ。

ペニー教授ちなみに、もともとこのフィナステリドは、前立腺肥大症の治療薬として開発されたもの(日本では前立腺肥大症の治療薬としては未承認)。

だから、男性ホルモンに深いつながりがあるのは当然なのだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加