勃起障害を防ぐ「キュウイ」のビタミン

キウイが精力増強にたいへん効果のある「絶倫フルーツ」だと聞くと、驚かれる人は多いでしょう。

勃起障害は、いくつかの原因が複合的に絡み合って起こるとされています。

実はキウイは、この勃起障害の原因の一つに対し、とても効果的な成分を含んでいます。

cui2

勃起障害の大きな原因の一つに、ペニスへの血流の悪さが上げられます。

血管が硬くなって弾力を失うために、血流が悪くなってペニスが充血しなくなり、うまく勃起ができなくなるのです。

キウイの豊富なビタミンCが血管を柔らかくする

この原因に対しては、キウイの豊富なビタミンCが血管を柔らかくし弾力性を保って血流を促す効果が期待できます。

ビタミンCの作用で血流がよくなれば、ペニスをしっかりと勃起させる事ができ、その状態を長く保つことも可能なんです。

つまり、キウイを食べれば、セックスの途中でペニスが萎えるいわゆる中折れも避けらるのです。

EDの原因

EDは動脈硬化で発症する血管病

EDと生活習慣病の関係

しかし、血管がやわらかくなり、弾力性が保たれたとしても肝心の血液がドロドロの状態では、流れはスムーズにいかないことも考えられます。

血液中の悪玉これストロールを除去するビタミンEが良いとされています。

キウイを常食すると、ビタミンEの働きによってドロドロの血液がサラサラになり、ペニスへ十分に血液が流れるようになって勃起し易い状態になります。

またビタミンEは、健康な精子や乱視をつくる上で不可欠な成分でもありますので、絶倫男を目指すナイスガイは、覚えておくと良いと思います。

ところで、これまで更年期障害といえば女性特有のもとのされてきましたが、最近では男性にも更年期障害があることがわかっています。

男性ホルモンが減るとEDを発症しやすくなるこれは、男性ホルモンの現象が原因と考えられているのです。

男性ホルモンは大脳神秘室において性欲を引き起こす重要な刺激物です。

ビタミン豊富なキュウイフルーツ男性ホルモンの合成が不足すると、性欲を感じにくくなり、勃起障害を起こすことがあるといわれています。この男性ホルモンの合成を促すのが、キウイに含まれているビタミンB郡です。

また、性欲はストレスや疲労が原因で減退することが良く知られています。

ペニーキヨサキ

同様にビタミンB郡が不足しても性欲が減退することも覚えておくと良いでしょう。

キウイには、これらのビタミンだけでなく、様々なミネラルが多く含まれています。なかでも精子をつくるのに必要な亜鉛とセレンは、勃起障害の改善精力増強にとても有効なのです。

キウイはまさに絶倫男に相応しい絶倫フルーツなのです。