遅漏になる

早漏の悩み

あまりにも早漏がひどい人は、女性との性行為を十分に楽しむことが出来ず、遅漏になりたいと望む人も多いことでしょう。

遅漏の意味を「今よりも射精を遅らせる」という意味で用いるならばそれは願望として適切でしょうが、「なかなか射精する事が出来ない」という意味で用いるならばその願望は適切ではありません。

遅漏も大きな問題です。性行為が終るまでに時間と体力を消費しすぎるため、遅漏の男性を嫌う女性も多いのです。早漏より嫌われるとさえいわれます。

早漏は射精を我慢できない

それでも敢て遅漏を目指すならば、いくつかの方法があります。

まず、自分は仮性包茎ではないか確かめてください。仮性包茎の男性には普段は皮をかぶった状態にしておき、性行為の際に祈禱を露出させるという人がいます。しかしこれでは、性行為の際に露出された亀頭は、子供と同じような刺激に敏感すぎる状況となります。

このため、女性の膣に入れた時に刺激が強すぎてすぐに射精をしてしまうのです。数秒で射精をしてしまうと言うような極度の早漏の男性にはこのケースがしばしば見られます。

亀頭を鍛える早漏の忍耐訓練

このような人は、普段から亀頭を露出させておき、刺激に慣れさせておくことで改善がみられます。早漏の対策では、亀頭を鍛える、つまり刺激に慣れさせるということが大切になります。また、射精しそうになった時にそれに耐える訓練もするといいでしょう。

そのための訓練として、ローションをつかってオナニーをするのが効果的です。手にローションを塗り、亀頭を露出させて手で刺激してください。これだけでも最初は刺激が強すぎてすぐに射精してしまいそうになってしまうかもしれません。

ここがポイントです。

早漏は射精を我慢できないのも一つの大きな原因です。そして「これ以上刺激を加えたら後戻りが出来ない」というポイントをつかみ切れていません。

ペニー教授このため、訓練で刺激をするときには射精に至りにくいソフトな刺激を加えて行き、射精思想になったらオナニーを中断、そして射精感が収まったらオナニーを再開という訓練をします。これはスタート・ストップ法という正式な訓練です。

この訓練方法は早漏対策のための訓練ですが、ローションを用いたオナニーでの快感と、そのオナニーで早漏が改善されていけば、遅漏に近づいて行くこととなります。

訓練を積んでからローションでのオナニーなどよりはるかに感度の低い「コンドームを用いてのセックス」などをすれば、まちがいなく遅漏になっている自分を発見する事が出来るはずです。