短小の悩み

短小であることが重大な悩みの種

短小の男性の多くが、短小であることを重大な悩みとしていますが、この悩みの正体は「短小であるがゆえに女性を気持ちよくさせることが出来ないのではないか?」という不安です。しかし安心してください。短小でもイカせることは可能です。

短小の悩みまず、そもそも自分は本当に短小であるのかどうか、正確に把握しておきましょう。日本人女性の平均的な膣の深さは8cmであり、勃起時のペニスの長さが8cm以下であれば短小という事になります。

これが短小の定義です。

間違った認識として、よく「無修正のアダルトビデオで見た、AV男優のペニスより小さかった」とか「セックスした女性がいつもイカない」ということから自分は短小だと思い込んでいる人がいますが、あくまで短小というのはもっと機能的な観点から観るべきです。8cm以下が短小です。

日本人のペニスは固い

ペニスの木また、ペニスが小さくても絶望する必要がありません。日本人のペニスには硬さがあるからです。外国人はペニスが大きいことで知られますが、硬さの点では日本人に及びません。日本人男性は世界的にみてそれほど小さいわけではなく、硬さは一級品です。

山椒は小粒でもぴりりとからい、ということわざが日本にはありますが、日本人は身体やペニスが小さくても硬さで勝負が出来るのです。

そしてセックスにおいてはペニスの硬さは非常に重要なものです。日本人男性はこれを持っています。

短小に悩まないためには、考え方を変えることも大切です。女性が快感を得るのはペニスを挿入した時だけではなく、愛撫や手マン、クンニリングスといった方法で女性をオーガズムにいざなうことは出来るのです。

ペニスの挿入以外にもオーガズムを与える方法はある

挿入にあまりこだわらない思考へとシフトチェンジすることで、短小への悩みは随分小さなものになることでしょう。

ペニスの挿入以外でオーガズムを与えるセックス=挿入と思っている人が多すぎます。これはアダルトビデオなどによって、乱れた性の情報が錯綜していることに依ります。

AVの最大の見どころは挿入によって女性が絶頂に達する瞬間です。これでは「セックス=挿入」という認識が流布するのも仕方のないことでしょう。

ペニー教授今日から認識を変えて、セックスは挿入がすべてではないと考えるようにしましょう。短小であることにより、挿入で十分な快感を与える自信がないのであれば、挿入以前のオーラルセックスに力を入れることで、十分に快感を与えることが出来ます。

以上のように、短小は確かに羞恥心を感じる事はあるでしょうが、それでもきちんとセックスは出来るし、かならずしも恥じらうべき事ではないと思い、心にゆとりを持つことが大切でしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加