短小を治す

短小の改善手術でペニス増大

短小を改善するための、最も効果が高く、短期間で行える方法は手術による方法です。短小改善手術では、ペニスに外科手術を施すことでペニスサイズの増大を図る方法です。

短小の改善方法にはペニスをトレーニングする方法や、器具を用いてペニスを引き伸ばす方法、ペニス増大のサプリメントを飲む方法などがあり、手術による方法はこれらの方法に比べて費用が高く、病院に通わなければならないなどのデメリットがあります。しかし短期間で高い効果を出すという点では、手術に勝る方法はありません。

以前は、短小改善手術はお粗末なものでした。施術時間は長時間になり、術中と術後に痛みがあり、手術後には手術痕も残ってしまい、快く受けられるものとは言えませんでした。

しかしその後、医学は飛躍的な進歩を遂げ、以前の手術の欠点の多くが改善されて、患者への負担ははるかも軽くなりました。

短小改善手術の種類

短小改善手術には様々な種類があります。此処で代表的な方法を見て行くこととしましょう。

埋没陰茎矯正式長茎術

この方法は過剰に湾曲したペニスを体外に引き伸ばしてペニスの増大を図る方法です。ペニスと恥骨を固定している靭帯を剥がして行われますが、剥がす人体はごく一部に限られるためこの手術の後遺症としてペニスがぐらついたり、勃起の角度に異常が起こる事心配はありません。

手術痕も陰毛の中に隠れるため、目立ちません。手術に要する時間は30分程度であり、個人差はあるものの平均して2~5㎝の改善が望めます。

恥骨部脂肪吸引式長茎術

短小の男性が肥満に陥っている場合、原因は過剰に就いた皮下脂肪にペニスが埋まってしまっていることが考えられます。この方法は、恥骨周りと下腹部の脂肪を吸引する事によって、脂肪の中に埋没したペニスを引き出す方法です。太ももの付け根に小さく切開し、脂肪を吸引します。

ペニスを引き出す方法とは違い、ペニスの周りにある皮下脂肪を取り除くことでペニスを大きく見せるという方法です。手術に要する時間は30分ほどであり、肥満の人にはお勧めしたい方法です。

ヒアルロン酸注入法

この方法は、ペニスに高分子のヒアルロン酸を皮下注射を施すことによって、ペニスの増大を図る事が出来ます。この方法によって、亀頭や陰茎部分を大きくすることが出来ます。注入される物質は必ずしもヒアルロン酸と決まっているわけではなく、コラーゲンや自分の体内から採った脂肪が注入されることもあります。

ペニー教授

この方法の手術時間は15分程度で短く、手術痕も残りません。そして手術に際してもほとんど痛みがない方法であるため、短小改善手術の中では手軽に行える方法として人気を集めています。



このエントリーをはてなブックマークに追加