短小を治す

短小を治す方法

短小を治療する方法には様々な種類の方法があります。手術もあれば自分でトレーニングをするものもあります。

種類が様々であれば、それぞれの効果もピンからキリまであります。即効性のある者は専門のクリニックで施術を受けることです。例えば、亀頭にヒアルロン酸を注入して膨らませる方法等があります。

すぐに終わる施術であり、これを受けている人は意外に多くいます。

また、ペニスを構成している海綿体は、ペニスの部分だけではなく、体内にも埋没しています。それを引っ張り出すと言った施術もあります。

長茎術という名の施術方法

湾曲したペニスをまっすぐにのばすことで全体的な直線での長さを伸ばしたり、下腹部から恥骨に埋まっている部分を引っ張り上げる方法があり、これは長茎術と呼ばれます。

メスを入れずに行う施術では、施術当日から入浴も性行為も可能なものもあります。

短小を治す方法には、ごく原始的な方法も存在します。この方法は今でも効果のあるものとして使われています。それは専用の器具によってペニスを引っ張る方法です。この方法を使えば、病院に行かずとも、自分でペニス増大に取り組むことが出来ます。

専用の器具でのペニス増大方法

その他、身体の内側から働きかける方法もあります。ペニス増大効果のあるサプリメントを飲む事です。サプリメントに含まれる有効成分の働きによって、性機能を強化する事が出来ます。

短小改善の方法には手術を受けると言う方法もあります。手術の中にも様々な方法があります。症状や状態を見て手術の方法を変えることになります。中には手術とは言ってもメスを使わない方法もあります。

手術の効果には個人差があるものの、短時間でしかも高い効果が得られる方法です。

このようにメリットの多い「手術」という方法ですが、病院で診察をうけることを恥ずかしいと思う人にはそれがデメリットになるでしょうし、費用がかかるというのもデメリットと言えます。

短期間で高い効果を期待できる様々な短小改善な手術

デメリットを克服できるならば、手術がもっとも効果が高く、尚且つ短期間で効果が現れる方法です。

ペニー教授短小改善手術の具体例をいくつか挙げるならば、埋没陰茎矯正式長茎術というものがあります。この方法ではペニスが湾曲して埋没している部分を引き上げて伸ばす方法です。少し痛々しい話になりますが、ペニスを固定している靭帯を剥がして引き上げます。

30分程度で終わる手術であり、個人差もありますが2~5㎝の増大が望めます。傷痕も陰毛で隠せばほとんど目立ちません。

恥骨部脂肪吸引式長茎術というものもあります。これは肥満によって脂肪の中に埋没しているペニスを引き出す方法です。太ももの付け根部分から脂肪を吸引します。そうすることでペニスの周りの脂肪分を取り除き、ペニスを大きく見せることが出来ます。