セックスレスの問題

セックスが出来ない性的不能な状態

セックスレスセックスレスとは、セックスがない状態が1ヶ月以上続いた状態であると定義されています。セックスレスな状態はセックスが出来ない性的不能な状態です。

それはパートナーに精神的な嫌悪感を抱いているために性交渉が不能である場合も含めて、性的に不能な状態とします。

セックスをしたいけれども出来ない、セックスをしたくない、どちらも結果的に1ヶ月以上のセックスがないことから同様にセックスレスと認識します。

よくある例として、勃起障害によってセックスレスになる場合があります。どちらも愛し合っており、子供も欲しいと思っているにもかかわらずセックスが出来ないのです。ほかにも挿入出来ても膣内で射精出来ないという障害を持っている場合にも同じです。

これは「性欲はあり、マスターベーションもできてオーガズムも感じることができる。しかし相手が存在するとセックスが出来なくなる」という場合と「妻は愛しており子供も欲しいという気持ちとは裏腹に、勃起や射精が正常に行えない」という倍の2通りがあります。

心因性のセックスレス

セックスレスこれらの傾向があるならば、それはおそらく心因性のセックスレスです。相手を満足させなければならない、何としても受精させなくてはいけないなどというプレッシャーがストレスになり、いざセックスの時になると不能になってしまうのです。この場合にはカウンセリングなどを行う事によって性交渉が可能となる場合があります。

セックスレスは、離婚の原因となる事があります。このときセックス不能な状態が責任を問われるかという事が疑問となりますが、セックスレスな状態には治療やカウンセリングが必要となる事が多いため、この問題は夫婦で強力して乗り越えなければならないとされます。

病気になったパートナーを、いくら看護が嫌だからと言って、捨てて(離婚して)去ることはできませんよね?それと同じように、夫が性的に不能になったからといって一方的に離婚する事は不可能です。

セックスレスはパートナー同士や夫婦共通の問題

セックスレスは性的に不能となった夫のみの問題ではなく、夫婦共通の問題として捉えて、協力して治療していかなければなりません。

ペニー教授しかし、協力して治療して行こうと頑張っても、時間が立つにつれて夫婦関係が冷えて行き、破たんする事もあります。この場合、離婚が成立するまでには多大な時間を要します。

性的不一致によってセックスレスになる事もあります。たとえばどちらかの性欲が以上に強くて耐えられない、どちらかが性行為に嫌悪感を抱いている、どちらかが異常な性的嗜好をもっているなどです。

性的異常の場合には、それが原因で離婚問題に発展した時、その性的嗜好の異常性や、異常に強い性欲などが、真に異常であると認識されれば、離婚が認められるケースがあるようです。
このエントリーをはてなブックマークに追加