男のセックスは40代から

上手い男の極意とは

セックスが上手い男の極意としてまず、大切なのが健康であることです。
お酒やスポーツと同じで、まず健康であること。そして、

男の人に「セックス上手いですか?」と聞くと、ダメな人ほど、
ある共通のパターンを発見できます。

ダメな人は大抵「結構強い」。と必ずといっていい程いいます。
その次の言葉は決まって、
「一日3回できます。」「何回でもできます。」・・・・。

これではダメですよね。ただ単に自分がやりたいだけでは、
ペニーエグゼクティブにはなれません。

精力の強い男と、セックスが上手いのは、何の関係もない。
歌が好きと、歌が上手いは何の関係もないのと同じです。
野球が好きと野球が上手いは関係ないのと同じ。

一方で、上手な男の人というのは、こちらも決まって同じことを言います。

「相手に合わせます。」

セックスは自分主体ではなくて相手と一緒にやるわけですから、
上手い者同士ならかまわないですが、男の方が強い、上手いんであれば
相手を別にギャフンと言わせるわけじゃないんで、
整体の先生と同じで、相手の今の状態というのがわからないと無理なんですよ。

この、「相手がわかる」というのは究極と思います。
相手が5分でよければ5分でいいんです。
私が知っているセックスの上手い、強い男性は、10時間大丈夫ですね。

えぇぇぇぇーーーっ。うそでしょ?
と思うかもしれませんが、ずっとしっぱなしって訳じゃなく、

それは、ハメたり、外したり、お茶飲んだり。
でも、射精のコントロールができているので10時間は大丈夫なんです。

40代を超えて一人前

そういう男達というのは、20代、30代では無理です。だから、
「俺は強い」といえる男は、一応の基準として、40歳以下は難しい
と思います。たまたま自分は違うと思っているのは、数がこなせるとか
スタミナがあるとか。そういうのが、上手いとは限らないんです。

野球とかゴルフなんかと同じです。

でもごフルや野球だったら、個人技としては自分で完結していって、
自分でピークを極められますけど、特にセックスの場合は、
ダンスのパートナーのようなもので、相手をどうやってきれいに
見せて、男は黒子に徹して、女の人を持ち上げる時も、呼吸一つ
乱さないようにしないとダメです。

上手い男の人というのは、40過ぎたころで、最低でも50人経験が
ないとダメです。風俗はカウントに入れません。
風俗は好きなように自分が命令すればできるじゃないですか。

もし、50人以下でも、一人との関係が、1年以上、3年以上続いて
「一回付き合うと、3年4年かかることも多くて。それで40歳で
30人しかいない」。という一回が長いというのは、かまわない。

40歳で、20人。一人平均3ヶ月、半年というのはダメですね。
長期戦で、一回が長いというのはかまわない。好奇心が弱いと
いうことではないんですから。

よく20代とか、30前後で、「僕は年の割に経験豊富なんですよ、100人」
とかいうのは、ダメですね。それは若い男というのは、自分のやり方で
やっちゃうでしょ。

だからそう言う男性に「どういう年代の女性とセックスしましたか?」
って聞くと大抵ストライクゾーンが決まっているんです。(笑)

得意な子だったらバンバン打てる、ホームランできますっていうんだけど
それはいいんだと。でもあんたは好きなタイプでなかったら実力を
発揮できないじゃないかと。

スケベな男たちの共通点というのは、なんでこんなに女が好きなんだろう?
人体が、特に女性本体がすきなんだろう?って不思議に思うくらい。
ストライクゾーンが本当にイチロー並なんですよね。

幅が広い。ここが凄いというか偉い!!