性病を予防する

年々増える性病の種類は様々

性病病原菌

現在日本では性病患者が年々増加していると言われます。性病はクラミジアなどのすぐに完治出来る軽い性病もあれば、エイズのような重篤な性病もあり、その種類は実に様々です。

性病にかからないためにはどうしたらいいのでしょうか。最も確実な予防方法は性行為を行わない事です。当たり前のことですが、性行為を行わなければ性病に感染する事はありません。

しかし生物には子孫を残すために必ず性行為を行わねばならず、そのため性欲が出るのは仕方のない事です。これを完全に抑え込んでしまう事は出来ないでしょう。

信頼できる相手とのみセックスを行う

性病の増加

現実的な予防方法としては、まず不特定多数の人とセックスをしないということが挙げられます。

性的な接触する人数が多ければ多いほど性病に感染するリスクは上がります。

特定の、信頼できる相手とのみセックスを行う事が望ましいです。

性病は年々増えている

そして、性行為の前には必ずコンドームの着用をすることが大切です。よくセックスの時に最初はコンドームをつけずにセックスをし、途中からコンドームをつけると言う人がいますが、これは避妊の観点に立てば多少の効果があるでしょうが、性病感染予防に関しては全く意味のない事です。

相手が性病に感染していた場合、最初にコンドームなしで挿入した時点でもう感染してしまいます。

性病梅毒感染者数

ただし、コンドームさえしていれば性病感染は100%予防できるのかと言うと、決してそうではありません。

なぜならばクラミジアや淋病はのどに感染するからです。性行為の一環としてフェラチオやクンニリングスを行うことでしょうが、このような行為を通してのどに感染する事があります。

また、コンドームでは感染を防げない性病もあるので、このとうな性病を予防するためには、相手が感染していないかどうかを見極めなければなりません。

相手が感染していなければ自分にも感染する事はないからです。
HIVエイズ感染者数も年々増加

まずはコンドームを装着する習慣をつける

増加してるHIV感染者数
なにはともあれ、まずはコンドームを装着する習慣をつけることが大切でしょう。コンドームは大切です。

不特定多数の相手とセックスをしている人ほどコンドームの使用率が低く、性病への感染率も高くなるというデータもあります。

このデータから、もし自分が不特定多数の相手と性行為をしていたとするならば、そのようなときに出会った相手も不特定多数の相手と性行為をしている可能性が高いと言う事であり、したがって性病に感染している確率が一般よりたかい相手であるといえます。

ペニー教授つまり、不特定多数の相手と性行為をしないと言う事は、性病に感染する確率を低くするだけではなく、同時に感染している確率が高い人と性行為をする機会を減らすことも出来ると言う事です。

相手をしっかりと選ぶということはとても大切なことです。
このエントリーをはてなブックマークに追加